ワット・アルンの絶景(夕暮れ~夜景)と美食が楽しめるタイ料理レストランSupanniga Eating Room(スパンニガー・イーティング・ルーム)@旧市街・リバーサイド

f:id:miho-rotchaat:20210528141306j:image

3月の思い出。

タイを離れる友人たちとチャオプラヤー川沿いにあるSupanniga Eating Room(スパンニガー・イーティング・ルーム)へ。
f:id:miho-rotchaat:20210528141053j:image
f:id:miho-rotchaat:20210528141123j:image

1階の雰囲気。

ここは日中から利用でき、冷房がきいているので快適に過ごせます。
f:id:miho-rotchaat:20210528141135j:image

1階もいいけど、夕方以降なら断然2階!

夕暮れに染まるワット・アルンとチャオプラヤー川、そして夜はワット・アルンのライトアップ。この絶景を独り占めしているかのような気分になれます。

ちなみに、2階は夕方以降しか利用できません。

川沿いに最も近いテーブル席は31番・32番・33番なので、予約時にリクエストしておくといいと思います。以前なら1ヶ月以上先まで予約が取れなかったですが、今は予約が比較的取りやすいようです。
f:id:miho-rotchaat:20210528141139j:image
f:id:miho-rotchaat:20210528141143j:image

2階の雰囲気。
f:id:miho-rotchaat:20210528141311j:image

到着したらちょうどこの絶景を拝むことができて感動しました。
f:id:miho-rotchaat:20210528141147j:image

絶景を拝んだ後はメニュー選び。

ここの料理はどれを選んでも美味しいので、メニュー選びにいつも悩みます。

お皿には店名にもなっているスパンニガーの花が描かれていました。スパンニガーの花は大きくて黄色い花です。インテリアも黄色を基調としたコーディネートですね。

f:id:miho-rotchaat:20210528141233j:image

キャベツのナンプラー炒め 170B++(約700円)。
f:id:miho-rotchaat:20210528141256j:image

フライド・チキンウィング 170B++(約700円)。
f:id:miho-rotchaat:20210528141303j:image

トムヤムクン 250B++(約1,030円)。
f:id:miho-rotchaat:20210528141300j:image

きのこの炒飯 180B++(約740円)。
f:id:miho-rotchaat:20210528141237j:image

タイハーブとチャムアンの葉を使った豚肉の煮込み 240B++(約990円)。

辛そうに見えるけどそこまで辛くなく、チャムアンの葉の酸味がきいています。
f:id:miho-rotchaat:20210528141240j:image

きのこのラープ 160B++(約660円)。

この中で私の一押しは豚肉の煮込みときのこのラープ。
f:id:miho-rotchaat:20210528141252j:image

f:id:miho-rotchaat:20210528141244j:image

f:id:miho-rotchaat:20210528141247j:image

夕暮れから夜景へと移りゆくワット・アルン。

息をのむほど美しい。

絶景・美食・雰囲気抜群!

本帰国するまでに一度は訪れたい、旅行者を連れていきたい(今は無理だけど)タイ料理レストランです。 

 

お店はワット・アルンの対岸、チャオプラヤー川沿いにあります。MRTサナームチャイ駅1番出口から徒歩約5分。

Google マップ

【営業時間】11:00〜21:00

営業時間は今後変更される可能性があります。

http://www.supannigaeatingroom.com/

https://www.facebook.com/supannigaeatingroomthatien/

https://instagram.com/supannigagroup