【チェンライ旅行】エメラルド仏像が発見された寺院ワット・プラケーオと時計台@チェンライ

バンコクにあるワット・プラケーオ(エメラルド寺院/Wat Phra Kaew/วัดพระแก้ว)と同じ名前のお寺。

バンコクのワット・プラケーオにあるエメラルド仏像は1434年にここで発見されました。

Google マップ

f:id:miho-rotchaat:20200804005108j:plain

本堂。

f:id:miho-rotchaat:20200804005116j:plain

本堂内。

f:id:miho-rotchaat:20200804005126j:plain

仏塔。

f:id:miho-rotchaat:20200804005137j:plain

この近くの建物にエメラルド仏像が納められています。

f:id:miho-rotchaat:20200804005147j:plain

エメラルド仏像(翡翠製)。

バンコクのエメラルド仏像は紀元前にインドで作られ、その後スリランカやカンボジア・アユタヤなどを経て、チェンライへ。1434年に落雷で壊れた仏塔の中から発見されました。その後、チェンマイやラオスを経てバンコクへ。ラオスからバンコクへ持ち帰ったのはのちのラマ1世だそうです。

f:id:miho-rotchaat:20200804005204j:plain

f:id:miho-rotchaat:20200804005214j:plain

チェンライのシンボル、黄金の時計塔

街の中心に建っています。夜のライトアップも綺麗だそうです。

Google マップ